<< 元気がでる!笑顔になれる!おすすめミュージカル映画 7選  | main |

スポンサーサイト

2019.01.27 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カウントダウンジャパン1819 初参戦で不安しかなかったが…

    2019.01.13 Sunday
    0

       

       

      初めて、カウントダウンジャパンに行ってきました!

      当日のアーティストや参戦した際の様子などをご紹介します。音楽フェスに興味がある人、カウントダウンジャパンに行ってみたいけど、どんな感じか知りたい方は是非参考にしてください。

       

       

      カウントダウンジャパンとは幕張メッセを会場をする2003年から始まった年越し音楽フェスのことです。

      今回参戦したカウントダウンジャパン1819は4日間開催。(12/28〜12/31)

       

       

      カウントダウン入り口

       

       

       

      場所や時間は以下の通りです。

       

      2018年12月28日(金)・29日(土)・30日(日)・31日(月)
       幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール (千葉市美浜区)

      最寄り駅:海浜幕張駅(徒歩5分)

       

      28日・29日・30日 開場 10:30/開演 12:00/終演 20:40
       31日 開場 13:30/開演 15:00/終演 29:00(各日とも予定)

       

      公式サイト

       

       

      31日に関しては朝6時までやってるから驚き!!!

      今回は2日間(12/30,31)参戦してきたので初の年越しも味わってきました。

       

       

      ではまず会場マップから

       

       

      カウントダウン会場マップ

      出展:カウントダウンジャパン1819公式サイト

       

       

      ステージは全部で5つ

      一番大きいステージがEARTH STAGE。セカンドステージがGALAX YSTAGE。続いてMOON STAGE、COSMO STAGE、ASTRO STAGEの5つのステージがあります。

       

       

      他にも会場内にはクローク(荷物を預ける場所)、40店舗もの飲食店、長時間に渡るフェスならではのリクライニングチェアやマッサージブースが。飲食店の数の多さにも驚きましたが、一番の驚きはカウントダウン神社が会場内に入っていたこと。お正月らしく初詣ができる場所がありました。この神社ではおみくじが引けたり、絵馬やお守りもあるそうです。(どの時間帯も行列ができていて行けなかったです。)

       

       

      カウントダウン神社

       

       

      それでは会場入り口(クローク)からご紹介!

       

       

       

      クローク

       

       

      最寄りの海浜幕張駅に着いたら、クロークがある入り口に向かいます。案内スタッフがいるのと、入り口は一つしかなく駅から皆同じ方向に歩いていくため、初めての行く人はほかの人についていけば会場まで付くことが可能です。また、会場に着いたらチケットを確認されるので予め持っておくとスムーズです。(当たり前ですが、チケットお忘れずに!)

       

      入り口の会場内では、クロークをはじめ、グッズ販売、着かえ場所があります。ちなみにクローク代は1000円です。

       

       

      クローク

      クローク(遠くてわかりづらいですが)

       

       

      持ち物:スマホ、お金、ウエットティッシュ、目薬、など(会場内乾燥しているため)

      服装:会場内はそこまで寒くはないが、Tシャツの下にヒートテックやパーカなど上着を持っておくと安心。ちらほら半そでの人もいたが、夜は冷えるのでぼくはあまりオススメはしないです。

       

      ※ステージとクロークまで以外と距離が離れているのでなるべく必要なものは持って行った方がいいです。

       

       

       

      参戦アーティスト

       

       

      今回2日間(12/30、31)参戦したアーティスト一覧です。

      出演アーティストはコチラ

       

      【30日】

      coldrain

      crossfaith(初)

      HEY-SMITH

      BLUEENCOUNT(初)

      THE ORAL CIGARETTES(初)

      Fear, and Loathing in Las Vegas(初)

      UNISON SQUARE GARDEN(初)

       

      【31日】

      キュウソネコカミ

      NICO Touches  the Walls

      SUPER BEAVER(初)

      go! go! vanillas(初)

      04 Limited Sazabys

      KANA-BOON

      10-FEET(初)

      サンボマスター

      SHANK

      夜の本気ダンス(初)

      androp

      crystal Lake(初)

       

       

      EARTH STAGE

      EARTH STAGE

       

       

      印象的だったアーティストはcrossfaith、THE ORAL CIGARETTES、夜の本気ダンス、crystal Lakeです。crossfaithはパフォーマンスは圧倒的にかっこよかった!THE ORAL CIGARETTESと夜の本気ダンスはどちらも初めて聞いたが体が勝手に踊りだす楽曲が多くて、今回のフェスで好きになりました。crystal Lakeは1/1午前4時と一番最後の時間帯で体の疲労を感じましたが、頭を振るような楽曲ばかりで刺激的にいい意味で狂っていました。(周りもアーティストも笑)

       

       

      年越しの時間帯はサンボマスターを見てました。『圧倒的年越し』ということでボーカルの『圧倒的』の掛け声とともに会場は一つに。2019年に向けたカウントダウンで新たな年を迎えました。一番大きいステージで多くのお客様が年越しに向けて一体になる感じに鳥肌が立ったのとサンボマスターの盛り上げ方がうまいなと改めて感じました。

       

       

       

      飲食店

       

       

      続いて飲食店のご紹介!

      広い会場内には様々なジャンルの飲食店が40店出店されていました。

      飲食店一覧はコチラ

       

      海鮮丼、ラーメン、ピザ、ハンバーガー、カレーなど、あとは年越しならではの年越しそばもありました。ぼくの年越し時の食事はステーキ丼を食べた気がします。

       

       

      飲食スペース

      飲食スペース。多くのお客さんでにぎわっていました。

       

      出店店舗

       

      もちもちポテト323号室

       

       

       

      ほとんどの時間帯お店の前は行列、飲食スペースも席が埋まっていたので、時間をずらして行かないと食べたいときに食べれない印象でした。ちなみに空いている時間帯は一番大きいステージ、2番目に大きいステージでライブをやっている時間帯は比較的待ち時間なく買えると思います。

       

       

       

      会場の様子

       

       

       

      会場内にはインスタ映えスポットが多数あり、多くのお客さんが写真を撮っていました。他には会場のモニターに年越しまでの時間が随所カウントされており、モニターを見るたびに年越しを実感させる演出までありました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      まとめ

       

       

       

      初めてカウントダウンジャパンに行きましたが、ストレスなく楽しめた音楽フェスでした(夏フェスの場合、汗や匂い、野外の場合は日差しが意外と気になるので)。12月開催で「会場内寒いのでは?」ということが行く前から気になっていましたが、屋内ということもあり、そこまで寒くなかったです。

       

      また、女性が気にするトイレの数や着かえ場所もそれぞれ十分な数用意されていましたし、休憩場所も多くあったので初めての方も比較的参加しやすいフェスだと思います。

       

      最後にステージでの観戦ですが、会場内広く、後ろの方でも大きなモニターでアーティストを見ることができます。違うアーティストが見たかったり、食事に行く際でも自由に出入りできるので安心!ただ、ライブ開始前は比較的前の方も開いており、ライブ慣れしていない人が前の方にいくとモッシュに巻き込まれるので注意が必要です。

       

      会場も幕張と都心からのアクセスもいいですし、駅前にはアウトレット、イオンなどの商業施設もあるので不便はなかったです。

       

       

      この時期はインフルエンザも流行している時期で会場内多くの人がいるため、マスクなどの予防をした方がいいです。ちなみにぼくはこの後インフルエンザにかかりました。ただ、楽しいフェスなので興味ある方は次回参加してみてください。

       

       

       

       

       

       

       

      スポンサーサイト

      2019.01.27 Sunday
      0
        コメント
        コメントする








         
             
        プロフィール
        profilephoto

        吉祥寺で働く齋藤です。趣味はランニング、カメラ、ファッション、音楽ライブに行くことです。ブログではイベント等の情報共有や行った場所の感想、本・映画などの感想を皆さんと共有できればと思います。また、自分を知ってもらうためのツールだと思っているのでブログを通じて自分を知ってもらえれば嬉しいです。

        動画制作・動画編集・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

        カテゴリ
        PR
        新着
        アーカイブ
        コメント
        リンク
        カレンダー
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        サーチ
        他人
        モバイル
        qrcode
        搭載
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM